blancsoin-salon.com

肌に水分を与えて、しっかりとキープする「保湿」は、
きれいな肌を守り、つくる上で欠かせない重要なポイントです。

保湿とは水分を肌に留めること
保湿について勘違いしやすいのが、
化粧水や美容液を肌に与えることが
保湿だと思っている方が多いことです。

 

たしかに化粧水や美容液をぬることで
皮膚に水分を与えることはできますが、
皮膚の表面に与えただけではすぐに蒸発してしまい、
すぐに乾燥してしまいます。

 

保湿の正しい意味は
《与えた水分をしっかりと肌に保持させること》 なのです。

 

クリームや乳液で水分の蒸発を防ぐ!

 

化粧水や美容液を与えただけでは、
水分はすぐに蒸発してしまいます。

 

そこで、その後にクリームや乳液を塗ります。

 

クリームや乳液から水分を与えるだけでなく、
肌内部の水分が逃げないように
フタをする役割を果たしてくれるので、
肌に長時間の水分キープをすることができます。

 

クリームのつけ方にも美肌作りのコツがあります。
よくある間違ったつけ方は、
肌にすり込むようにつけたり、
マッサージをしながらつけるやり方です。

 

正しくは、
肌に「やさしくなじませる」
つもりで力を入れずにつけることです。

 

スキンケアは毎日の積み重ねですから、
正しい方法を身につけて実践しましょう。
また、肌の水分キープをサポートしてくれる

保湿成分を含んだ基礎化粧品を使うことでも、
より効果的に保湿することができます。

 

しっかり保湿ができていないと
肌トラブルに 皮膚に水分をキープできていない肌は
乾燥している状態です。

 

肌は外部からの刺激やアレルギーを引き起こす抗体から守る
バリア機能を持っているのですが、
肌に水分がないとその力が弱まってしまいます。

 

そのため、乾燥した肌は刺激に弱く
肌トラブルが起きやすい状態になってしまうのです。

 

あらゆる肌トラブル、
そして肌トラブルが続いてしまう

大きな原因のひとつとして、
しっかりと保湿が
できていないことがあげられます。

 

きれいな肌をつくるスキンケアにおいて、

肌を保湿するということはとても大切なのです。

 

人間の肌は「潤い」によって形を保っています。
潤いが無ければ重力に逆らえずたるんでしまいます。

「老け顔」と言われる方に共通している点は、
肌が乾燥していて垂れている方。

 

逆にお年を召されている方でも肌に潤いがあり
全体が引き締まっていると若若しさを感じますよね。
その潤いが保たれず、

また加齢によって皮脂の分泌が
少なくなってくると肌を守るものが無くなり、
肌荒れや代謝の低下が進み、
またそれが治りにくくなっていきます。

 

乾燥は肌トラブルのすべての根っこであり、
顔全体が不健康の印象を受けるようになります。